ビズリーチのヘッドハンターだけが持つ貴重な情報

ビズリーチのヘッドハンターからの面接へのアドバイスと有益な情報

ビズリーチのヘッドハンターは、当然ながら個別のクライアントを持っています。

 

そのクライアントから、こういう人材が欲しい、こういう条件で雇用したい、と依頼を受け、その条件にマッチした人材をビズリーチに登録している会員の中から探し、マッチングしそうな会員にオファーを提示します。

 

 

ヘッドハンターからの面接へのアドバイス

採用されるための情報を持つヘッドハンター

採用されるための情報を
持つヘッドハンター

そして話が進展すれば、求人者は企業側と面接をします。

 

その面接が、どのような様子であったか、どんな事を聞かれ、また企業側はどんな反応をしたか、その結果は面接をした求人者からヘッドハンターに知らされます。

 

つまり、担当のヘッドハンターは、その企業の面接の特徴、または面接者の特徴などを把握しています。

 

この情報ほど貴重なものは有りません。

 

面接前の非常に有益な情報

実際、私もヘッドハンターから面接前に、そういう非常に有益な情報が知らされ、そのお陰で、リラックスして面接が出来て、結果として採用された経験があります。

 

例えば面接をする人が企業側の代表であった場合、「彼は否定的な話が嫌いだ。」、「挨拶を大きな声で、はっきり言う人が好きだ。」、「沈着冷静に見えるが、雑談が大好きだ。」という情報を持っていれば、有利に面接に臨む事が出来ます。

 

つまり、既に企業側と接触しているヘッドハンターからのアドバイスは、最初から最後まで、非常に貴重で有益なものと言えるでしょう。

 

私は自分の経験、そして転職の成功経験より、それらを有効活用しない手は無いと思っています。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク